むち打ち

「むち打ち症」は、

主に自動車の追突、衝突、急停車等によって

首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を

総称したものです。

この「むち打ち症」は次のような様々な症状がみられます。

自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをムチウチ症と通称名で呼ぶ事が多く、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」として診断名がつけられます。

いわゆる「ムチウチ損傷」では、事故にあったその日はほとんど症状が出ず、翌日あたりから様々な症状が出現することが数多く報告されています。

首、背中、腰の痛み

頚部(首)、背部、腰部が痛みだします。殆んどの方が首の痛みを訴えています。

頭痛

患者の殆んどの方が頭痛を訴えます。また以前から、頭痛症状がある方の痛みを増長させる場合もあります。

肩の痛み

交通事故に遭われた患者様の半数以上が肩の痛みを訴えられます。数日経ってから肩が上がらなくなる場合も多いです。

しびれ(放散痛)

スパズム(持続性筋収縮)が起こり、首から出入りする神経を圧迫し、上腕・前腕・手指にしびれを発生させます。

動かない(運動制限)

身体の各部分で動かない、動かない方向が出てくる。

めまい、耳鳴り、難聴

自分自身がグルグル回るかのように感じるめまいや、耳鳴り・難聴を訴える患者さんもいます。

その他、いらいらしやすい、過度に神経質になる睡眠障害、うつ状態、記憶力の低下、ボーっとする、注意障害などがみられることがあります。

このような症状に対して、事故後病院に通っているが電気治療だけであまりよくならない、といった不安を抱えている方も多いと思います。


でもそれは、交通事故の特別な治療を行っていないからです。

 

腰痛

交通事故の接触追突事故などの急激な外部からの力により脊椎骨盤がゆがんで腰痛が発生します。
また交通事故のショックによる精神的ストレスによっても発症することもあります。交通事故から直ぐに腰痛の治療をせずに腰痛を放置おくと症状がより悪化します。また適切な治療が行われないと、後遺症が残って痛みがぶり返す可能性があります。

したがって交通事故での腰痛はしっかり完治させましょう。

 

上記の症状には治療専門家が必要になります。

ふるかわグループは、上のような症状の専門院です。

 

 


トップへ戻る